« 匠の技「播州彫刻」 木場屋台狭間彫刻 | トップページ | 匠の技「播州彫刻」 木場屋台正角彫刻 »

2008年12月10日 (水)

匠の技「播州彫刻」 松原屋台正角彫刻

2006_004 

檜か欅で造られ、金箔押しを施した斗組が一般的ですが、古い屋台などでは黒檀を使用した斗組もあります。斗組の外側に取り付けられた彫刻を正角(しょうすみ)といい、龍や虎、唐獅子に牡丹、力神などが彫刻され、中には凝った籠彫りになっている地区もあります。

:「播州祭り見聞録抜粋」

|

« 匠の技「播州彫刻」 木場屋台狭間彫刻 | トップページ | 匠の技「播州彫刻」 木場屋台正角彫刻 »

匠の技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匠の技「播州彫刻」 松原屋台正角彫刻:

« 匠の技「播州彫刻」 木場屋台狭間彫刻 | トップページ | 匠の技「播州彫刻」 木場屋台正角彫刻 »